BOOK Peopleで英語絵本を買ってみました

BOOK Peopleで英語絵本を買ってみました

ういちゃんに毎晩絵本の読み聞かせをしてるのですが、同じ絵本ばかりが続くと読んでる私があきるのですよね。

というわけでちょっと買い足しを検討。

今までに英語絵本を買うのにイギリスamazonとアメリカのamazonではお買い物したことがあります。

言語は違うとはいえ日本のamazonとほぼ同じ画面なのでそんなに難しくもなく、海外からのお買い物は初めてって人にも敷居が低くい。

とはいえ英語育児をやるまでは海外から個人輸入なんて思いもしなかった訳で、私にとっては大きな一歩だったよ。

その時の記事はこちらで

英語絵本をアメリカamazonで輸入

ORT絵本(旧read at homeシリーズ)をイギリスamazonから個人輸入してみた

今回はそこからさらに一歩すすんでamazon以外のところから買ってみることにしました。

といっても前回イギリスamazonで本を買った時にマーケットプレイスのamazon外部の本屋さんからの発送だったんですけど、その時に選択したBOOK peopleってところです。一回利用してちゃんと届けてくれた実績があるのでまぁ安心かな。

Book peopleとは

the BOOK peopleはイギリスの大手ディスカウント本屋さん。
普通の書籍は本屋さんが買うわけではなく店に置くだけ、売れなかったものは出版社に返送されていく(書店に購入在庫のリスクがない)のだけど、BOOK peopleは出版社から直接買い付けする際に大量入荷で買い切りにしちゃうかわりにお安く仕入れるっていうビジネスモデルらしい。

そんなわけで本がお安いんです。
薄利多売形式のビジネスモデルなので特徴として本をまとめ売りしていて、本をいっぱい買いたいんだったらかなりお買い得です。

1冊づつかおうとすると日本への送料が書籍代と同等くらいかかったりして、この送料何とかならないんですかねって気分になるけどまとめ買いだと多少ましになる感じ。

book peopleのこどもむけ絵本のカテゴリ

イギリスの会社なのでやはりイギリス国内の本に強いようですがアメリカの出版社のものも取り扱われています。

購入した本

色々まよってこちらの3セットを購入。

2週間ほどで届きました。
おいくらしたんだっけ?ってもうわすれかけてましたが
おさるのジョージ7冊セットが£6.99
ミッフィーちゃん10冊セット£11.99
どうぶつのやつ10冊セットが£9.99
でした。
これに送料がトータル£20.00かかる。

だいたい日本円にして送料込みで7,000円くらいで計27冊。
ミッフィーちゃんはペーパーバックではないし、他のもペーパーバックとはいえオールカラーでしっかりした紙質のものなんだけど一冊約260円ってとこか。

日本の絵本一冊買うよりはるかにお安いではないですか。

開封の儀。

ミッフィーちゃんはエコバックみたいなのにマスコットがついてた。かわゆい。

動物のやつは残念ながら本の端が折れてる><

段ボールの中にはエアパッキングとかはいっていて厳重に包装されてましたが、イギリスからの長い長い旅の途中どっかで傾いてたんでしょうか。

ジョージはシュリンクで透明のビニールにつつまれてましたが、他のふたつはおまけの袋に直接はいっていました。
ミッフィーちゃんはハードカバーなのでダメージがなかったのかもしれませんが、動物さんシリーズはペーパーバックだったのでよれちゃったっぽい。
まぁこれくらいならいいや・・・。

この動物さんシリーズの本たちは完全に表紙買いみたいなものなので、よくしらずにかっちゃったんだけど、ベストセラーになっている絵本「giraffes can’t dance」と同じ作者さんだったみたいです。イギリスの作者さんでイギリス英語で書かれてます。

ういちゃん動物すきそうだしって感じで買ったもののジョージや他の絵本に負けてまだほとんど読ませてもらえてません。
オールカラーの絵に文字がのっていてとてもカラフルです。
日本ではあんまりメジャーそうではないので、ちゃんと読めたらそのうちレビューをしっかり書きたいと思います。
文章長めなのでまだういちゃんには早かったかもなー。

ミッフィーちゃんもまだ1冊くらいしかよめてません。
ちなみに原作はオランダ語でこちらは英訳バージョンってことになる。
原作じゃないしいいかと思ってたけど雑誌のインタビューで作者のブルーナーさんが「私も英語は話せるが彼(英語翻訳者)のようには訳せない」となかなか絶賛だったので買ってみました。英訳の翻訳に関しては全作原作者チェックで修正をくわえたりしてOKがでてからの出版となかなかこだわられてるようです。

ジョージは安定の読みやすさです。
わからない英単語が少ないし、構文の省略とかもなく受験英語でやってきた私にとっては意味がとりやすい。

前に買ったボードブックのものよりちょっと長めかな。
けどういちゃんはかなりお気に入りみたい。どれだけ理解してるのかはわからないけどね。

英語多読に興味があるならこちらも読んでみてね

多読の定番ORT絵本の記事

お子様がとっつきやすい本がいっぱい。ディズニー好きにもおすすめstep into reading。

絵本カテゴリの最新記事