マザーズバックの必須条件と定番バッグのまとめ

マザーズバックの必須条件と定番バッグのまとめ

ママたちが子供が生まれてから購入を検討するものの、何を買っていいのってものすごく迷うものがマザーズバックだと思う。

私も最初は「マザーズバックというものでないと」という変な固定観念があって、けど迷って迷いすぎて……結局マザーズバックでもなんでもない適当なものを使ってた。というか産後情報収集や比較検討する時間がなさすぎた。

それでも別に大丈夫だったのであの頃の私にもうちょっと肩の力抜けばと教えてあげたい。

今ちょうどカバンの買い替えを検討していて、色々情報収集しているのでほかのママ達のためにもついででまとめときます。

マザーズバックの条件

結論から言うと

  • リュック型
  • 出し入れしやすい
  • 軽い
  • 大容量
  • 防水(できたら)
  • 小分け収納(できたら)

っていう要件さえ満たせればマザーズバックとうたってなくても別になんでもいいと思う。

まず赤ちゃんのうちはトート型のマザーズバックでいいかもだけど、子供が動き出すとトートは邪魔でしかない。両手は子供のためにあけときたいのでリュック型1択になる。

でもっておむつとか着替えとか、ミルクが必要な赤ちゃんは哺乳瓶とか、とにかくいっぱいものを入れなければいけないので大容量なもの。それらの荷物を入れるわけだからカバン自体は軽くないとやってらんない。

どこに行くかとかにもよるけどアウトドアで雨に降られたり水場(お子様達水遊び大好きだし)でぬれても大丈夫かとかを考えると防水が考えられてたほうがいい。子供のための飲み物を入れたりもするしね。

そしていっぱいものを入れてるとあれどこに入れたっけってなるので(よくなってます)できるだけ小分けができたほうがいい

ただ小分け収納は別途こういう

バッグインバックを買って後付けするってこともできるので、それを買う前提とかならはじめから鞄になくても大丈夫かも。

お財布とか携帯とかよく利用するものはカバンを肩から降ろさなくても出し入れできるようなポケットや背面ファスナーがついてるとさらに理想。

定番マザーバック

ど定番

2016年ごろにママたちの間で流行りだしたのがanelloの口金リュック。上記条件を満たしてて(小分けは細かくはできないけど間口が大きく開く一覧性でカバーしてる)、色展開やバリエーション豊富でおしゃれ、お値段もお手頃と三拍子そろっております。

意外と知られてないようですが大阪発祥のバッグブランドです。心斎橋にある直営店には海外観光客がバックを買いに立ち寄るくらい海外でも人気。

色んなとこで売られてて入手もしやすいし人気なのもわかる。
けど逆に言えば人と被りまくるのが欠点でした。
最近はかなり落ち着いたかな。
多くの人に選ばれてるってことはやっぱり使い勝手がいいのだと思う。


最近ではカラー展開だけじゃなくこういう柄ものも増えてきていて人とかぶる問題は解消されつつある感じ。

おしゃれママ達御用達

人と被るのは嫌だし、多少お値段がはっても納得できるものがいいというおしゃれママ達が候補にあげるのは

マリメッコのbuddyとか

ランバンオンブルーのリボンついたリュック。

その他TOCCA BAMBINI、MARC BY MARC JACOBS、See by Chloeなどなどおしゃれブランド系が並ぶ。

確かにデザイン可愛いけどお値段が可愛くないんだよなぁ……。



パパと兼用、機能重視派向け

パパと兼用派や機能性重視派はポーターやフレドリックパッカーズ、モンベル、パタゴニアなんかのアウトドアブランドを利用って人も。

ポーター

タンカー

フレドリックパッカーズ

500Dシリーズ

これは某有名ママモデルさんが利用してるってことで注目された。

モンベル

パタゴニア

ケルティ

こちらもママモデルさんが利用。




子供が成長してそこまで大容量のバックがいらなくなってからもアウトドアのお出かけで活用出来そうだしいいかもね。

シティブランド系

ハーシェルサプライ

LITTLE AMERICA

こちらも某ママモデルさんが利用ってことで注目された。ハーシェルサプライはLITTLE AMERICAが有名っぽいですけどこれ以外のリュックもかわいい。
モデルさんがもってるとなんでもおしゃれに見えるからねふっしぎー^^;

カンケン

赤い狐のマークが特徴的。カラーバリエーション豊富です。
子供サイズもあってお子さんとおそろにすることもできます。

チャムス

ペンギンマークがついてるかわいいバックです。私の周りではよく見かける。
カラーバリエーション豊富で男性向けにも女性向けにもいいですね。



私のおすすめ

日本ではあまり名前が知られてない海外メーカーのマザーズリュックがお値段お手頃でいいと思うのよね。

ベビーアムール

Bebearっていう主にイギリスやアメリカなどで製品展開をしている会社(中国資本?ちょっと詳細は不明)のベビーむけブランドがBebamour (ベビーアムール)。ママバックのほかだっこひもがメインラインナップのよう。

だっこひももエルゴと同じく腰で負荷分散するタイプのものなんだけど、セール中のお値段がエルゴよりかなりお安くて検討価値ありなのでは。

会社自体2008年創業らしくて日本での知名度はほぼない。

でもベビーアムールのこのバックはイギリスアマゾンだとNappy Changing Backpacks(おむつかえバック)カテゴリでランキング1位とかになってるんだよね。

今日本でもお安くなってるみたいだ。パパと兼用出来そうなカラーラインナップ。

日本amazonの担当者が日本語あんまり上手じゃない人らしく、商品説明がたどたどしくてちょっと怪しい感じになってしまってるものもあるので損してるなーと思う。

イギリスやアメリカでの商品レビューみる限りはものすごく評価高いです。

デザイン、機能的にはこっちも気になる。

サイドにウエットティッシュ用ポケットや、フロントポケットに哺乳瓶いれよう小分け、おむつ替えシートなんかもついてる。

こっちはサブバックとポーチがついてきてお買い得感がある

こちらはリュックの他ベビーカーとりつけやショルダーにもなる3way

パパと兼用でいけそうなスタイリッシュなデザインのものも

キッズ向けのリュックもかわいいのがある。

 

デザイン性がよくて他のマザーズバックと比べてもそこそこお安く、コスパが高そうなママバッグブランドなので今私の中で注目度No1です。

ALLCAMP

名前の通りキャンプとかのアウトドアグッズを展開しているアメリカのメーカーさん。
なんでアウトドアグッズメーカーがママバックをって感じだけどこれを見て納得。

ピクニックバックねこれ。まじか、アメリカ人ピクニック行くのにガラスのコップとか陶器のお皿持ち運ぶの!?っていう驚愕のお品。
でもこのメーカーだけではなくいろんなところがこういうピクニックバックをだしてるので、需要があるんだろう、アメリカでは。

でこのコップの仕切りとかを哺乳瓶入れとかにしたママバックをだしたってわけね。

防水、仕切りとポケットの多さ。背面ポケットにもチャックがあって肩にかけたまま携帯を出し入れできる。
ウェットティッシュを出し入れしやすい横のジッパー付きポケット。
鍵などをひっかけるフックがリュック内側にあってどこいったってならなくてすみそう。
ベビーカーにかけられるようにもなってる。

ものすごい機能的で大容量でユニセックスなデザインなのでパパとの共用もできそう。
そして使い終わった後PCバックにできるんじゃないかな。

私こちらを実際に買っております。
背面のクッションがしっかりしてるのもあって若干重いかなっておもっちゃったんだけど長時間背負っててもそのクッションのおかげで負担が分散されてかなり楽です。

ただ女性が背負うとかなり大きめな感じなので半日以上のおでかけで主に荷物が多いときに利用しています。
普段はもう数時間くらいなら2歳も後半になってくると普通のリュックで大丈夫な荷物量ですしね。

そういうもうちょっと容量ちいさくてもいいって人にはこちらの型もよさそう。

こっちはリュック、肩掛け、手提げの3wayで入り口がばっと広いタイプ



まとめ

日本メーカーのママバッグを使っているって人も多いのですがそちらは検索すればすぐにでてきそう(&見た目がみるからにママバックって感じなのが多い)なので今回はあえて掲載しませんでした。

好みなどは人それぞれだし、最初にいったように私も適当な鞄で何とかなってきたので絶対にマザーズバッグじゃないとダメってことはないです。

使い勝手とご予算と見得とデザインその他諸々でご自由にって感じ。

ほんとに、こうじゃなきゃにとらわれないで自分のすきなもの使っていいんですよ。

育児グッズカテゴリの最新記事