英語教材にワールドワイドキッズを選んだ理由

  • 2016.07.05
  • WWK
英語教材にワールドワイドキッズを選んだ理由

私自身は幼児教育にはあんまり興味なかったんだけど、ういちゃんパパが英語は人並み以上になって欲しい(多分自分が英語苦手だから)っていうので1歳半から英語教育を考えはじめました。

パパは幼児教室にでも通わせたらいいんじゃないってノリだったんですが、これは私としては即却下。

ういちゃん今はまだ日本語の発語もまだあやしいかんじだし、英語のお歌に合わせて踊るくらいしかできないんじゃ週一程度の教室いってもね…と。

日本語定着以前の子供向けおうち英語の教材を調べてみると、今人気を二分するかんじなのがディズニーの英語システム(通称DWE)ベネッセのワールドワイドキッズ(通称WWKもしくはWKE)

DWEは30年くらい前からあって、幼児向け雑誌に広告掲載しているし有名かな。WWKの方は今回調べてはじめて存在を知った感じ。2007年に発売ということで、できてまだ10年ってとこみたい。

この二つふくめて英語教材の無料サンプルもらえるのでいくつか取り寄せ。最初の反応的にはディズニーが良い感じかな(特にプレイアロングっていうごく低年齢向け教材の実写映像のとこ)。
でも最終的にWWKにお申し込みしました。

理由はいくつかあって

  • 対象年齢
  • 内容の充実度
  • 費用面
  • こどもの個性を見極める必要性

主にこの4点かな。

対象年齢

DWEのメイン教材レッスンが対象にしてる年齢が4歳くらいから。
これは英語レベルどうこうの前に、「ガソリンがなくなったらガソリンスタンドで給油します」みたいなシーンを理解するのはまだ難しいし、ステップバイステップのワーク系ができない(アルファベットをなぞることすら3歳児にはまだむつかしかったりする)っていう年齢による知的発達段階の問題。

なのでDWEでは低年齢のうちはプレイアロングっていうおもちゃつきの副教材とかシングアロングっていう歌だけの教材をすすめられるみたい。だけどボリューム的にはあくまで副教材っていう位置づけでメイン前のならしってかんじだし、充実してるってわけではなさそうなんだよね。
3歳以前ではじめるのであればWWKの方があいそうな気がした。

内容の充実度

比較的最近の教材ってこともあってフォニックス(アルファベットそれぞれの発音を覚える)が覚えられるようになってる。

もちろん他にもチャンツ(英語を覚えるための歌)やら有名どころの絵本やら英語学習に関する色々が一通りそろってる。

英語だからとか関係なく届くおもちゃのデザインがおしゃれ。

後発の教材だからイベントやオンライン英会話などはDWEを意識してるのか同じような感じのオプションサービスがある。

費用面

決して安くはないけど比較対象がDWEだとお安く感じてしまう^^; まぁそれがなくても自分で全部同等のものを用意するコストを考えると妥当な気がする。

もちろんWWKも中古市場があるんだけど、発売から10年くらいしかたってなくてそんなに内容変更もなく、中古だからってそうお安くなってない。むしろワークショップに参加する資格とかないし、最近の教材ではCD-ROMに収録されてたものがアプリ化され認証が必要になってて正規会員じゃないと利用できないしデメリットのほうが多いかも。

DWEでは低年齢のうちはプレイアロングっていうおもちゃつきの副教材とかシングアロングっていう歌だけの教材がメインになる。その二つでだいたいWWKと同等くらいのお値段になるようです。

そしてDWEユーザーさんのブログ等で中古でよかったんじゃっていう教材の筆頭に名前があがってくるのもプレイアロングなんですよね。

なのでどうしても気になるならそっちは中古でおやすく入手してみたらいいんじゃっていう結論に^^;

こどもの個性を見極めてから

DWEは暗唱系の教材といわれていて、卒業までのテストに歌の暗唱が必須になる。暗唱系が得意な子ならいいけどそうじゃない子もいるからね。だからって暗唱得意な子の方が常に学力がいいのかっていうとそうでもなかったりするんだ。もうそこは個性かと。

あとDWEのステップバイステップみたいなしっかり身につけるためのワーク系は成長してからの様子みてからの方が無駄な支出にならなくて良さそう。

メイン教材で最終的に到達できる英語レベルとしてはDWEのが高いんだけど、その一番いいとこをやるためには知的発達を待たないと難しいかなってこと。

でもその4歳くらいになると日本語のアニメの方がいい!ってなったり幼稚園や他の習い事で忙しくて1挫折…みたいな人が結構多いみたい。お高いのに2。もったいないけど、そのおかげで綺麗な中古品がでまわると^^;

DWEに専念して欲しいから他のアニメ見せないようにしてるっていうご家庭もあるみたい。

うちはばあばに預けて仕事してる間に甥っ子ちゃんや姪っ子ちゃんの見てるアニメを見てたり既にしてるし絶対無理。

何より前に英語教育のスタンスでも書いたけど、子供の世界を広げるための英語で逆にできないこと増やしてどうすんのみたいに思うのでそれはなしかな。


英語教育へのスタンス

どっちかじゃなくてもいいのでは?

最終的にうちはWWKを選択しましたが、ネットで色々調べてるとDWEユーザーだけど子供がちっさいうち用にWWKも始めたって人もいて、両方やってもそれぞれいいとこあるので無駄にならないとかいう意見も。

WWK終わった後の様子次第ではまだDWEも検討余地ありかと。

両方をやる場合のコスト面は確かにちょっと心配なんだけどWWKは中古でもそんなに価格が下がってない=使い終わった後に売ることを考えたら結構コスト回収が見込めるのではと思う。いきなりDWE契約してはるかにお高い費用を払って子供に合わなくて挫折ってなるよりむしろ安心では?

数年後子供がどんな生活しててどんな性格になってるかわかんないので、あとは3、4歳になった頃の子供の様子みながら方針を決めようと思う。

でもできるだけ費用的負担は抑えたい。今は昔と違って帰国子女やネイティブ向けの子供英語教材もネット経由で購入しやすくなったし、オンライン英会話教室だとかもあるし、ある程度英語の基礎があれば物足りなくなった時の選択肢は昔よりは広いように思う。そういう意味でもWWKやっといて損はないと思ったのよね。

追記:実際にWWKを1年やってみて比較検討の際にみてたサイトに書かれてることがいい加減だったなと思ったのでその件について書きました。


ここが変だよDWE・ワールドワイドキッズ比較サイト
こちらも是非参考にしてみてくださいね。

WWK1ヶ月目(step1)からのようすはこちらから
英語をはじめたよ stage1

中古VHSでDWEをお試しした時の話を書きました。


DWEお試し

約1年経っての英語レベルについてのまとめ


英語11ヶ月目

追記:2018/5
2年目のようすについてのまとめ


英語24カ月目

英語育児をするうち私自身の経験や英語育児諸先輩がたのブログからの情報などで、お高い英語教材ひとつにしぼってってのはリスキーだなと思うようになりました。コスパがあまりよろしくないというか・・・、子供にあうあわないは絶対にあるので。
そのあたりは


WWK卒業後の英語多読を見すえてORT絵本を買ったときの記事にも書きましたが、親がこうって思っててもダメなものはダメなんですよね・・・。子供の様子をいかにみてるか、何に興味があって何ならはまってくれそうかというのを考えないと。

その他WWK関連の記録はこちらからどうぞ。

*1:ワーク系は子供1人ではやれないのだけどお母さん自身も忙しいので

*2:メイン含む卒業のシステムが使える教材の最低額は60万くらいらしい

WWKカテゴリの最新記事