英語24ヶ月目 日本語で!

  • 2018.05.22
  • WWK
英語24ヶ月目 日本語で!

ベネッセの幼児向け英語教材Worldwide Kids(略してWWK)で英語を初めて24ヶ月目。ういちゃん3歳6ヶ月になりました。

そんな過去のstageの記録はこちらから。

おうち英語を初めてから2年が経ったようなので昨年と同じようにまとめてみようかな。

うちの英語育児スタンス

おうち英語といってもご家庭によってその取り組み姿勢は違うと思います。

うちは日常会話では英語は使っていなくて、英語の絵本やDVDを見たりwwkのおもちゃで遊んだりするときだけ英語で語りかけをするようにしています。

去年の11月から満3歳児クラスで幼稚園に行くようになって約半年。すっかり日本語よりといっていい環境。

Amazonプライムでみれるドラえもんだとかしまじろうだとかなぜかセーラームーンだとか日本語アニメもいっぱい見ております。
ちなみにAmazonプライムではHi5だとかvipoだとかamazonオリジナルの子供向けアニメだとか、その気になれば幼児用の英語番組もいっぱい見れるのにういちゃんにおすすめしても一向にみてくれません。もう日本語コンテンツ専用だと思われてますね・・・・。

前にまとめたうちの英語育児へのスタンス。

ようするにゆるゆる英語育児ですね。

たぶんおうち英語では日常会話を常に英語にしてしまうのが一番効果があると思う。
でも上記英語スタンスどおり、今は別にしゃべれなくったっていいやの考えなのでうちではやってない。

私自身初めての子育てなのもあって、もし家の中の日常会話も英語でにしてたら、あれができなかったりおくれてるのは・・・日本語の動詞活用がまだまだなのは英語育児のせいなのかとか、関係ないことでもいちいちささいなことで悩んでたと思う。
それがないだけでだいぶ心安らかっていうのは確か。

今年できるようになったこと

いくつかのアルファベットの読み方を覚えた

フォニックスによりCやSなどのいくつかのアルファベットの読み方を覚えたみたい。

まぁだからって単語が読めるようになったわけではないです。

このフォニックスはwwkではなくてカエルさんことリープフロッグのDVDのおかげですね。

引き続き見てくれるといいんだけど、気分屋さんなのよね。。。

英語で歌を歌うようになった

日本語で歌をよく歌うようになったと同時にwwkのdvdの歌を歌うようになりました。お気に入りはover the rainbow。

まぁまだまだでたらめなところが多いんだけど、日本語の歌でもまだまだなのでそういう時期なんでしょう。

ママ歌ってっていわれることがあるので私も練習中です。

日本語と英語の区別がついた

海外のニュースを見ているときに「あの人英語しゃべってる」と言ったり、「ドーラちゃん(dora the exploerの主人公の女の子)英語しゃべれる」など自分が普段しゃべってるのは日本語だけど世の中には英語をしゃべっている人もいるという認識ができたみたい。

これによってトーマスなんかを英語で見ようとすると「日本語で!」と指定されたり。音声切り替えができるとわかってるものは日本語に変えろと言ってくるようになってしまった。

区別がついたからって相変わらず私が英語で質問したことに日本語で答えることも多いです。質問の意味はわかってる、けどアウトプットは日本語……。

日本語の理解力が伸びたことによって日本語の方がわかるし、伝えたいことも伝えられるってことだと思う。

今までなんでも文句なくなんでもインプットしていたものに理解ができるものとそうじゃないものができたわけですね。そりゃ理解できる方を選ぶと思う。

これも成長ではあるけど、英語育児的には最初の壁にあたる時期なのですね。

英語しゃべりたいっていう欲求がちょっと芽生えた

さっきのと相反する感じもするんだけど、ドーラちゃんが英語話せることとかに対して私もっていう気持ちがあるっぽい。

でたらめ英語(英語イントネーションの喃語)をいうことが増えた。

大きめのスーパーマーケットでぶつかった人(アジア圏の見た目だった)に「sorry」って言われたのですが、それにも大興奮で「あの人英語しゃべれる!」って言ってました。こういう時、たまに英語で話しかけてる私のことはどう思ってるんだろうっていう疑問がわくんだけども。。。。

ともあれこの時「そだね。ういちゃんは?英語しゃべれる?」って聞いてみたところ「うん」だって。そっかがんばれ。

身近なところでもっと英語しゃべれる人にふれられるといいんだろうな。できたら同じ歳くらいの子供とかで。

これからの課題

インプットし直し

1歳半からおうち英語を始めたので、はじめて存在を知ったのがwwkのDVDの映像で、つまり英語の名前で先に覚えたものもいっぱいありました。

だけど日本語が上手になって日本語での語彙が増えるのに反比例して英語で覚えていた単語をかなり忘れてしまったみたいです。
子供は覚えるの早いけど忘れるのも早いってこういうことか……としみじみ実感した一年でした。

これはもう継続してインプットし続けるしかないけどね。

日本語をしっかり獲得して欲しくて日本語ベースにしてるくせに、できてたことができなくなるのはちょっと惜しいと思ってしまう複雑な心境。

結局親のエゴなんだろうか・・・。

センテンスで

そろそろ単語での返答ではなく文章として言えるようになってほしいなと思う。
Do you~できくとYes I do!とかはこたえてくれるんだけどcanとの区別とかはついてないしまだまだだなぁという感じ。

まぁ日本語でもまだまだなところがあるのでまずそっちからかもね。

日本語と英語の使い分け

区別はついたといっても私の英語での質問に日本語でかえってくることがあるので、使い分けができるようになってほしいなと思っている。

私In english please!(英語でおねがいします)って何回言ってることか・・・。

発音

正確な発音以前にまだまだちゃんと聞き取れてないのかな?と思うことがしばしば。
これは英語に関してだけじゃなく日本語でもです。去年よりはまし?程度。引き続き成長を待ちたい感じ。

けど英語で見てるMy little ponyのキャラクターのapple jackとか綺麗な発音するし好きなものの吸収はすごいよね。

これからの予定

引き続きまだまだWWKは中心にあると思います。

でも最近ちょっとWWKのDVDは見すぎていて飽き気味かなーと感じるところがあるので、英語絵本やらDVDやら英語アプリやら今後も色んなものに手を出してしまいそう。

WWKのワークショップには参加してみてういちゃんにも好評だったのですが、オンラインレッスンの方はどうかなー?
まだネット越しに誰かと通話ってことをしたことがないのですよね。
電話もあれだけおもちゃの携帯でもしもししてるのに、実際は全然喋れなかったりするのでできるんだろうか・・・。
これが大丈夫でういちゃんにあいそうだったら他のオンライン英会話サービスも検討しようかな。
様子を見つつチャレンジです。

今後英語多読の方につなげていきたいので、フォニックスを引き続きやっていきたいと思います。
多読=読みだけではなくて、音読をさせてお手本(朗読CD)と聞き比べての正しい発音とヒアリングを鍛えたいなと。

さてはて思惑通りにいくかしら・・・。

このあたりは親子英語をやってきた諸先輩方のたどってきた道ではあるのですが、だいたいブログ等で書かれているのは「この方法はあくまでもうちの子にあったってだけで他の子でもうまくいくかはわからない」ってこと。子供がすきなもの、はまること、得意なものそれぞれだもんね。

でもそういうたどってきた道を残しておいてくれたおかげで進むべき方向がわかります。
感謝しつつ私もなるべく記録を残しておきたいなと思っています。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

諸先輩方のブログはこちらを参考にさせてもらってます。
多謝。

今後もWWK関連の記録はこちらで更新予定です。

WWKカテゴリの最新記事