こどもの日

こちらはその昔私の弟のためにおじいちゃんが買ってくれた兜。なかなかりっぱ。

私のお雛様と同じく弟が成長してからは飾られることもなく屋根裏にしまいっぱなしだったんだけど、孫がうまれてからまた実家に飾られるようになりました。

ひな祭りのお雛様といい、おじいちゃんなかなかいいの買ってくれてたよね。大人になって親になってからわかるその価値。こんな風に親になってから見えるようになった世界に時々泣きそうになることがある。

おじいちゃんはもう数年前になくなっちゃったので直接は言えないんだけどありがとうね。

この鯉のぼりもおじいちゃんが買ってくれたやつ。今は甥っ子くんが生まれてから弟の家で泳いでます。

この鯉のぼりはこないだ弟のおうちでBBQした時に撮った写真ですね。

因みに弟の家の前はこうなってたりする。住宅密集地でBBQなんかやったら臭いとかで怒られそうだけど、田舎ゆえに可能なお庭BBQなのでした。

この畑には今はなにも植えられてなくて、もうすぐしたら水入れて田んぼになるそうです。畑の持ち主さんに今なら遊んでもいいよっていってもらったので遠慮なく遊ぶお子様達。

この写真でういちゃんの従兄弟君が遊んでるストライダーはお姉ちゃんのやつで、ストライダーを卒業しているためおさがりでいただきました。

従兄弟君達がのってる時はういちゃんもーみたいな感じだったくせに、サビをとってもらって綺麗にしてもらい、いざのってみてってなったら倒れるかもってのが怖かったみたいで乗ってくれなかった……。慣れてくれて反応よければ新しいの買おうかなとか思ってたけど、一回乗ってからはまたがること自体を拒否られてしまったのでまだまだ無理そうね。

そういえばいつも行ってる子育てサロンでつくったかぶとと鯉のぼりのことをアップし忘れてた。

で結局こどもの日当日は遊園地に遊びに行ってたのでかしわもちを食べる以外特になにもしなかったって言う^^;

ういちゃん帰ってきてからもまだ遊ぶーって言ってたしタフに育っておられます。そのまま元気に成長してね。

2歳の頃の話の最新記事8件

>ゆるく長く楽しく英語育児

ゆるく長く楽しく英語育児

家庭の中で自然と英語に触れさせることで英語力を培う英語育児。
わが家での子供との英語の取り組みの記録。
ゆるゆるでも4歳にして子供自ら英語アニメを見たいといい
”I'm a princess”と遊びながらいうようになりました。
色んなおうち英語諸先輩方のブログを参考にさせてもらってますので恩返しとして私もまとめておきたいと思います。

CTR IMG