ベネッセのしまじろう&Mimiの英語コンサート(2019夏)に行ってきた感想

  • 2019年7月23日
  • 2019年7月24日
  • 英語

今年もベネッセの英語コンサートに行ってきました。
ベネッセ英語コンサート公式サイト

こちらは毎年夏と冬に全国各地でやっているコンサート。
内容はシーズンごとに変わっていくみたいね。

去年もこのブログで感想を書いているのでどんな様子か口コミをさがしてここに来た人はそちらもどうぞ

ベネッセの英語コンサート(2017夏)に行ってきたよ
ベネッセの英語コンサート(2017冬)に行ってきた
ベネッセの英語コンサート(2018夏)に行ってきたよ
ベネッセの英語コンサート(2018冬)に行ってきたよ

こどもちゃれんじでおなじみしまじろうとワールドワイドキッズのキャラのミミちゃんが出てくるよー。

うちはこれで5回目の参加。
うちのういちゃんはめちゃくちゃ楽しみにしていて、前回公演が終わった直後からまた行きたいなー今度いつー?とおねだりが激しかったです。

ベネッセの英語コンサートって?

公式動画を貼っときます。これは過去の冬コンサートかな?

この英語コンサートはベネッセの英語教材ワールドワイドキッズのキャラのネコのmimiちゃんと、こどもちゃれんじでもおなじみしまじろうが出てくるコンサートです。ベネッセ会員以外も購入できますが、ワールドワイドキッズ やチャレンジイングリッシュの会員だと先行抽選で少し割引された会員価格で申し込めます。

主に2歳くらいから幼稚園くらいの子向けステージなのですが赤ちゃんを連れてきてる方もいて、おむつ替えスペースや授乳室の用意もしてくれていました。
2歳までは膝の上鑑賞なら無料です。

英語レベルはそんなにむつかしくなく、しまじろうやNancyは時々日本語もしゃべるので英語が全然ダメって子でもついていけるとおもいます。

会員先行では第三希望まで出せて希望者が多いと抽選になるようですが、昔英語で遊ぼうに出演していたおねえさんkikoが出演の回以外は第一希望で全部通ってますし、直前まで空席ありになってることも多く競争率は低そうなのでそんなに心配いらないかな。今のところ外れたことないですし、会員先行なのもあるのかお席もいつも見やすい場所をゲットできてます。

公式サイトでお申し込み後、抽選結果が出たらローソンにチケットを発券しにいくことになります。

日程とか先行会員申し込みなど詳しいことはこちらで。

ベネッセの幼児向けコンサート「しまじろうとMimiの英語コンサート」は、生の英語で遊べて歌や踊りがいっぱいの、客席参加型…

もう次の公演の案内が出ていますね。

今年も写真撮影OKです

今回のステージはサマーフェスティバルに行って、ゲームや動物コーナーなどによってコンサートに出ようというストーリー内容。今回はステージグッズとして紙製のタンバリンが配られたのですが、それを使って踊ったり、見つけたらOver there!って教えてねなど子供達に参加を呼びかける形式は今まで通り。

今回は客席がほんとに真ん中の真ん中って感じで全体をくまなくみわたせました。

uimama
スマホでとったんだけど、宣材写真かっていうくらいの撮れ高じゃない?(笑)

講演中は通常写真ビデオ撮影NG なのですが、去年はベネッセの30周年講演ということで、本講演終わりのアンコール、特別ステージの間はなんと写真撮影オッケー。それが好評だったのか今年も引き続き特別公演中は撮影OK(動画はダメ)になっていました。

本編とは衣装を変えてきてくれる。

uimama
おねえさんNancyの本編の衣装が超かわいかったなぁ。
あっちも写真撮れたらいいのに・・・・。

次の冬公演も特別ステージは同様に写真撮影OKなようですし今後も継続されるかもしれません。

私の席の前にういちゃんに立ってもらってステージを背景に写真を撮ったり。
思い出になっていいですね。

※舞台上のモニターに客席が写っている時があるのですが、そういう瞬間の写真をネット上にあげちゃうのは気をつけてくださいね。

英語のネイティブの先生からのシール

開演前や途中休憩の間、英語の先生と会話をすると服にステッカーを貼ってもらえる。

写真はHead Shoulders Kneesをやってるところ。

おそらくベネッセ系列の英語教室の先生なんだと思うんだけど、この方若くてイケメンでした(笑)
名札はアメリカ人っぽいお名前だけど今時の韓流アイドルみたいな感じ。絶対モテるよ(なんのチェックだ)

日本の英語教室って教師としての質じゃなくて、めちゃくちゃわかりやすく外国人(つまり金髪、青い目みたいなね)っていう見た目でふるい落としちゃうところもあって真の国際化とは・・・・みたいな気分になることもある。
このベネッセのコンサートでは過去にも韓国系かなっていうお名前のアジア系とか、中東系かなって方とか、ほんとに色々いらっしゃって、きっと本当に実力で選んでらっしゃるんだろうなーとベネッセの英語教室ちょっと気になっております。
都市部にしかないので田舎のわがやから通うのには遠いのがネック・・・。

今回もいっぱいステッカーもらえました。

コンサートグッズ

グッズ代のほうがお高くついてるような・・・。

絵本がういちゃんお気に入りで何度も読んでって言われるので今回も購入。

そして待望のmimiちゃんグッズのタオルでおうちに帰ってからさっそくmimiちゃんになっていた

これリバーシブルで裏側はしまじろうなんだけどそっちはかぶってくれなかったです。

コンサート限定品っていいながら一部はamazonでの販売もはじめたらしいのですが、コンサートDVDや一部のグッズが買えるようになっています。

感想

ういちゃん、アンコール公演が終わったとたん号泣。

もっと見たかったー、だそう。

ええー、どんだけ好きなの・・・。

ってわけで次回も行く約束をういちゃんとしたのでまた行くと思います。

でもこのコンサートについては発話自体が怪しい感じの2歳前後でも楽しめるようにって感じの内容で、英語レベルもほんの初級。
4歳のういちゃんは会場でも結構大きな子の部類。
そろそろ卒業かな・・・って感じもするんですけどね。

かといってこれよりもうちょっと大きな子向けの本格的な英語コンサートってない感じ。
英語教室とかの素人っぽい(失礼)劇とかお手製感あふれるようなのでもこの際いいんだけど、探してもなかなかね・・・。

理想は劇団四季とかがやってるようなミュージカルで子供も楽しめそうなのを本場の英語のままやってくれることだけどね。

うーん日本国内では需要ないのかな?あるとおもうんだけどな・・・。

ベネッセの英語コンサート(2017夏)に行ってきたよ
ベネッセの英語コンサート(2017冬)に行ってきた
ベネッセの英語コンサート(2018夏)に行ってきたよ
ベネッセの英語コンサート(2018冬)に行ってきたよ

過去のコンサートのDVDはネットでも買えるようになっています。

習い事とは違って普段から家庭の中で英語を取り入れた生活をすることで子供の英語力を培うというとりくみのことを「英語育児」や「親子英語」と言います。
オンラインレッスンって何?フォニックスって何?など英語育児の基本からわかりやすく紹介。
英語育児関連の記事まとめページはこちらから

>ゆるく長く楽しく英語育児

ゆるく長く楽しく英語育児

家庭の中で自然と英語に触れさせることで英語力を培う英語育児。
わが家での子供との英語の取り組みの記録。
ゆるゆるでも4歳にして子供自ら英語アニメを見たいといい
”I'm a princess”と遊びながらいうようになりました。
色んなおうち英語諸先輩方のブログを参考にさせてもらってますので恩返しとして私もまとめておきたいと思います。

CTR IMG