【英語育児】ディズニープリンセス詰め合わせDVD box

  • 2018年11月28日
  • 2018年11月30日
  • DVD
DVD

ディズニーの白雪姫とかシンデレラなど古いものは著作権の保護期間が切れて、いまや100均でも売ってたりしますね。英語、日本語、韓国語にきりかえれるやつ。

あれアリスとかピーターパンを買ってみたことがあるのですが、日本語吹き替えはまた別のライセンスなのか、英語はオリジナルっぽいですが日本語は全部とりなおしてるみたいです。そしてすんごく下手。素人の棒読み?くらいの。いや、ましな人も脇役で何人かまざってるかな?歌部分は吹き替えされてなくていきなり英語になるとか。とにかく日本語吹き替えのクオリティがかなり低いけど、英語で見れば英語学習にはいいかもね。

さて、著作権が切れてるものはそっちでもいいとして、切れてないものに関しては日本で何本もDVD買うと結構な額になっちゃいますよね。
実は日本語版収録がなくて英語版のみでみれればいいのであればかなりお安いものがあります。

Disney Princess – 11 Movie Keepsake Boxset

うちのういちゃんに10月の誕生日プレゼントのひとつとしてディズニーのプリンセスつめあわせDVD boxを贈りました。

こちらはイギリス国内のみで販売されているようです。
アメリカとイギリスでライセンス管理が違うんだろうね。

当然英語オリジナルともう一つ別の言語で吹き替えが収録されています。

海外のDVDなので普通のDVDデッキでは再生できません。海外のDVDのみかたはこちら

ういライフ

こないだからどうしようか散々迷ってたのですが、子供の英語教材として海外のDVDを見るためにリージョンフリーデッキを買いま…

ラインナップ

このDVDboxに収録されているDVDのラインナップです。DVDは一作品ごとにケースが別になっています。

公開年度順にならべなおしておきます

  • Snow White and the Seven Dwarfs白雪姫と7人の小人(1937)
  • Cinderellaシンデレラ (1950)
  • Sleeping Beauty眠りの森の姫(1959)
  • The little marmaidリトルマーメイド(1989)
  • Beauty and the Beast美女と野獣(1991)
  • Aladdinアラジン(1992)
  • Pocahontasポカホンタス(1995)
  • Mulanムーラン(1998)
  • Tangled塔の上のラップンツェル(2010)
  • The princess and the frog(プリンセスと魔法のキス)(2009)
  • Braveメリダと恐ろしの森(2012)

メリダと恐ろしの森は大人ターゲットよりのアニメなのでちょっと怖いシーンがある、ラップンツェルもちょっとだけ暴力シーン(フライパンで頭殴ったり程度だけど)があるってことでPG指定(親がフォローしてあげてね)があります。

お値段

イギリスアマゾンで買ったのですが、私が買った時の為替レートで5700円くらい(送料込)。
11本でこのお値段なので一本約526円くらい。
白雪姫とシンデレラの2本だけ著作権保護期間が切れてますがそれにしたってお安い。でもって百均みたいによくわからない会社から出てるわけではなくてちゃんとディズニー公認。

このboxセットで、ディズニーの人気プリンセスは大体網羅。アナ雪が入ってないのが惜しいけど、セット内のDVDはディズニーの過去作を再販売しているdisney classicsっていうシリーズ(DVDパッケージがシンプルなやつ)からの人気お姫様作品セレクトみたいだから2015年発売のboxセットに入ってなくて当然か。

日本のamazonでは以下のリンクから。

今のところ輸入業者からなら買えるようですがだいぶお高くなっちゃうので興味ある方は是非イギリスamazonでの購入にトライしてみてくださいね。

イギリスamazonはこちらから

英字幕について

海外から輸入したDVDでも英語字幕が表示できるものは意外とすくないです。
ディズニー作品はその点ばっちりなので大人の英語勉強にもお役立ち。

上の画像見てもらうとわかると思うんですがこのDVDシリーズの第一言語はもちろん英語なのですが、作品によって付属吹き替えがイタリア語だったりスペイン語だったりフランス語、ドイツ語と色々です。この辺りの第二言語チョイスどういう基準なんだろ?
英語音声に英語字幕はもちろん吹き替え言語で見てる時に英字幕(吹替言語字幕)も出せるので多言語学習にも良いかも。

そして流石のディズニーというか、聴覚障がい者向けに映像描写を全て説明してくれる英語補助アナウンス音声つきでも見れるし、その補助アナウンスを含めた英語字幕も収録されてます。

ディズニー作品の英語はアメリカ英語?

ディズニー映画の英語は主役級はだいたいアメリカ英語なんですけどいろんな訛り英語が入ってたりします。

うちのういちゃんがよくみてるリトルマーメイドでは船員さんとかセバスチャンやコックさんなどがだいぶ特徴がありますね。
あーこれはどこどこ訛りだよねとかいえたらかっこいいんだけど私にはそんな英語力もなく・・・。

ただ日本でもアニメキャラがなまってたりする時にリアルな方言ではなくあくまでも地方出身だったりお年寄りをあらわす一種の記号だったりしますよね。そんな感じでディズニーのアニメの場合もあくまでもそのキャラらしさを演出しているんだと思います。

ちなみにディズニーの悪役はほぼイギリス英語だそうです。
そのほうが重厚さとか古めかしさとか意地悪な感じが表現できるのかなー?
それかアメリカ人のイギリス人イメージ?^^;

こんなのもどう?

このDVD boxに限らずDVDは海外で買った方がだいぶお安いんです。
なので日本語作品を逆輸入して英語字幕を非表示にしてみてるっていう人もいるくらい。

この作品だけあればって人は単品で探すといいと思うんですが、複数買うとそれぞれで送料がかかってしまうのでまとまったBoxセットの方がおやすくなってきます。

場所とるしDVD11本もいらないわって方向けには4本セットもあります。

男の子向けにはトイストーリーとかカーズとかのboxセットかな

ちなみにディズニーの過去作全部ほしいなという方には年末こんなのがでるそうです。

1937年から2018年までのディズニー過去作全部入り。蒸気船ウィリーからアナと雪の女王やズートピア、モアナまで全55作品。約200ポンドなので今のレートだと3万円くらいかぁ。

ひょえー。でも日本のDVDで全部買いそろえるよりはるかにお安いんだけどね。
海外のDVDってお安いなぁ。




習い事とは違って普段から家庭の中で英語を取り入れた生活をすることで子供の英語力を培うというとりくみのことを「英語育児」や「親子英語」と言います。
オンラインレッスンって何?フォニックスって何?など英語育児の基本からわかりやすく紹介。
英語育児関連の記事まとめページはこちらから

>ゆるく長く楽しく英語育児

ゆるく長く楽しく英語育児

家庭の中で自然と英語に触れさせることで英語力を培う英語育児。
わが家での子供との英語の取り組みの記録。
ゆるゆるでも4歳にして子供自ら英語アニメを見たいといい
”I'm a princess”と遊びながらいうようになりました。
色んなおうち英語諸先輩方のブログを参考にさせてもらってますので恩返しとして私もまとめておきたいと思います。

CTR IMG