本の読み聞かせの理想と現実

本の読み聞かせの理想と現実

子供が産まれて読み聞かせをはじめるまでは読み聞かせのイメージはこんな感じ。

今日は何読もうか?

(本棚から)これとこれ?こっちは?

はいはーい。じゃあおすわりしてー。

(読み終わり)はい、おしまい。

じゃあそろそろ寝ようか。

電気消すね〜、おやすみー。

【現実】

私:何読もうか?

子:ん(何かを指さし)

私:これ?

子:ん、べし(違うって拒絶)

私:これ?

子:ん!

私:これ?

子:んー!

私:これ?

子:んーー!!

(わからん。。。)

私:もう自分で選んで……。

自分で選んでもってきやすいよう手の届かない本棚じゃなくカラーボックスに本を入れて床に置いとく形式になりました。

そして1冊読み終わり、次に行こうとする前に

子:もかーい

私:もう一回?

子:うん!

を4回くらいリピート。

違うの読もうよ……。

私:この本で最後ね

子:うん!

私:(読んだ)おしまい

子:ん!(別の本を持ってくる)

私:さっきのが最後っていったじゃん……。
そろそろ寝ようよ^^;

子:いやー!

絵本読むのに4、50分平気でかかってしまう。スキンシップ系の内容の絵本だと体も動かすし、絵本の読み聞かせって体力いるね……。

他のおたくはどうなのだろう。というか私の子供の頃はこんなじゃなかったような……。

1歳の頃の話カテゴリの最新記事