CATEGORY 教育論

  • 2018.09.29

自分がされて嫌なことじゃなくても

子供の頃親に「自分がされて嫌なことはしちゃだめ」と言われたことがある人は多いと思います。 私もそう言われて育ちましたし、つい最近も同じ幼稚園のママさんがお子さんに言っているところを耳にしました。 これは儒教的な思想ですね。 論語の己所不欲勿施人(おのれのほっさざるところひとにほどこすなかれ)という教えです。 人の立場を自分に置き換えてその痛みを想像する。 これ自体はとても大切なことで忘れてはいけな […]

  • 2016.11.26

自己肯定感を育むってどうすれば

育児記事をよんでると最近よく目にするキーワード「自己肯定感」。 自己肯定感とはなんぞや 元々は心理学用語で、小さい頃からの育てられ方によって自己肯定感が高いか低いかの差が出るってところから教育、育児関連にも頻出のワードになってきたみたい。 自己肯定感が高いというのは「自分は大切な存在、価値ある存在だ」と感じられる状態のことで、自分の良いところだけでなく悪いところも受け入れて自分自身に自信をもつこと […]