子乗せ電動自転車がお得に買える時期

子乗せ電動自転車がお得に買える時期

免許をもっているもののそんなに運転に自信がない私。ちょっと離れた公園や近くのスーパーに行くのはほぼ電動自転車です。

今乗ってる電動自転車は丁度去年の12月頃どれにしようかとさんざん迷いまくっていたんですよね。

何を基準に選ぶか

子乗せ自転車には安全規格があってそれをクリアしている自転車でないと3人乗り(自分+前のシートに下の子+後ろのシートに上の子)という乗り方ができません。

できませんっていうのは対応している自転車だと、3人乗りを想定して設計されているのでそれに耐えられるだけ頑丈なつくりになってますし重心とかもかんがえられた安全設計になっています。そうじゃない普通の自転車で3人乗りをやっちゃうと事故につながる危険性があるので法令違反になっちゃいます。

というわけでBAA(BICYCLE ASSOCIATION(JAPAN) APPROVED)対応で3人乗りOKとなっているものを選ぶことになります。

で私はまず電動にするか電動なしのにするかでしばし迷いました。

当然だけど電動のほうがお高くなります。

通わせる予定の保育園や幼稚園などよく行く場所までの道のりが坂になってるなら断然電動がおすすめです。

っていうか電動自転車を買ってから一度行かせたいなと思っている幼稚園までの道を子供を乗せて走ってみたんですが、坂がきつくて電動でも死ぬかと思った。。。(まぁ実際に通うときはバス予定だけど、バス以外でも行かないといけないときもあるみたいなので)

ということでご予算が許せるなら電動のほうが・・・っていう先輩ママさんの助言により私も電動にすることになりました。

買い時

電動自転車は家電製品と同じく、新製品が出てから(というか新製品が発表されてから下がるので実際の発売日より前から)旧バージョンの在庫を売り切るためお値下げ価格になるのです。

そして各社の新製品がでるのが12月から春までにかけての時期というわけ。

もちろん新製品のほうがバッテリーのもちや小型化されてたりと進化していることも多いのですが、私が検討してたものはお店の人に聞いても旧バージョンとそう違いがないとのこと。軽量化してコンパクトになったものの走行可能距離も若干短くなってるとかで良し悪しだな……と。

もちろんそのまま売れ残ってればさらにこの先お値段が下がる可能性があります。

しかし4月から保育園にいれることになり送り迎えに利用するためその前に購入検討するという人も多く、春が近づくと需要自体がぐんと上がるんですよね。

ということで旧版の在庫は3月頃には底をついていると思われます。

人気の色から順になくなっていくので色にこだわりたいなら在庫がまだある冬のうちに急ぎましょう。

どこで買うか

ネットで価格比較してお安いところを探すのもよいかと思うんですが、実際にお店に行って試乗させてもらうのが一番かと思います。

同じ電動自転車でもメーカーによってアシストの方法が違って、最初の加速が強すぎてちょっと怖いとかもありましたからね。

とはいえ小さい自転車屋さんだと在庫をあまり持ちたくないためカタログによる注文形式をとってるところもあります。当然旧版在庫もおいてない可能性があるので、それなりに大きい規模の自転車屋さんがねらい目です。

さらにお得に

こちらはお得になっている時期以外でも共通のちょっとした割引テク。

補助金がないか調べる

お住いの地域によっては子乗せ電動自転車の購入に自治体が補助金を出してくれることがあります。

まだまだすくないみたいですが、ご自分のところはないか調べてみるとよいと思います。

うちは残念ながらなかったよ……。

割引の日を狙う

割引になっている旧版在庫なんですがさらにお得にゲットできる割引日があるお店があったりします。

ちなみに私はイオンに入っているイオンバイクで買いました。20日30日5%offがこちらでも適応されます。

最初に見に行った日は5%オフの日じゃなかったんですが購入申し込みだけ先にやっておいて、お支払いは5%offの日にまた改めてということで対応していただきました。さらにイオンの株をもっていると株主優待割引で持っている株数によってお金がかえってきますからね。

ネットで買うよりお安かったかも。

子供用のヘルメット着用は道路交通法に定められています

道路交通法で自転車に乗っている際に子供にヘルメットをさせるのは親の努力義務として定められています。

努力義務ってことで破った場合の罰則まではないのですが、裏返してみればそれだけ事故の際に頭部ダメージを受けている子が多いってことです。

帽子嫌いなういちゃん、最初はヘルメットをすごく嫌がりました。でも泣かれながらもヘルメットをつけさせて自転車乗せて公園に遊びにいったり、子育てサロンへ行ってからはこれをつければ自転車でどこか楽しいところにいけるって思ってくれたらしい。

今では自分からヘルメットを指さして自転車に乗ってどこかへ行こうとお誘いをしてくれるようになりました。

帽子とかいやがるお年頃ではあるのはわかりますし、私もお迎えの時とか素で持っていくのを忘れているときもあります。
でもtwitterとかで「保育園送っていくとき他のママさんがヘルメットさせてないのをみかけてありえない」とか書き込んでるツイートをちらほらみかけたりして、私もしてなかったらきっとおなじように誰かにありえないとか思われてるんだろうな……。

参考までに人気の電動自転車

パナソニックのギュット・ミニ・DX
YAMAHA PAS Kiss mini
ブリヂストン bikkeや Angelino petite e(アンジェリーノプティットe)
あたりが人気のようです。

車輪が小さい方が子供のシートまで低いので子供を乗せやすいし重心が低い分安定するってのもあり今は20インチが主流ですね。
小柄なお母さんにも20インチがおすすめです。

うちが買ったのはギュットミニDX。
実際乗ってみたらアシストがあるので26インチと比べて疲れるみたいなことも無い。

電動自転車のおかげで行動範囲がちょっと広がりました。

ギュットミニのリア(後)シートをお得に買える記事もよかったら読んでみてね。

ギュットミニのシートはOGKのOEM?

 

育児グッズカテゴリの最新記事